外科手術体験セミナー  

 2015年8月16日に当院において第1回目の『外科手術体験セミナー』を開催してから、毎年開催しています。
 このセミナーは中高生を対象に、外科手術手技を通して医療に興味を抱いて欲しいと考え開催したセミナーです。
 日本の人口構成として、少子高齢化は明らかな状況です。病院においても、患者さんの高齢化は進む反面、支える医療人口は減少してゆくことが容易に予想できます。
 外科セミナーは、この将来的な医療従事者の減少を食い止めるために開催を決めました。外科手術手技を通して、より一層医療に興味を持って欲しい、または医療に興味がある若者の具体的な目標になって欲しい、または医療従事者には医師や看護師だけでなく、医療事務、検査技師、放射線技師、医療工学技士、管理栄養士、臨床心理士、リハビリ等々様々な職種があり、患者さんを支えていることを知って欲しいと思い開催に至りました。
 セミナーの内容としては、教育講演の後に、超音波メスを使用して鶏肉を切開するコーナー、腹腔鏡を使用した擬似手術体験、鶏肉を用いた結紮・縫合体験、エコー体験、模型を用いた胃カメラ体験を順次回って体験する内容としました。本物に触れなければ何が本物かわからないとのこだわりで、すべての機材は実際現場に導入している本物の機械を使用しています。学生5人を1チームとし、6チームの計30人で当初応募を開始しましたが、応募開始から数日で30人はすぐに到達し、その後も応募があり、40名まではなんとか受け入れることになりました。(応募にもれた方には大変ご迷惑をおかけしました。)病院スタッフもすべての職種に参加してもらい、体験コーナー毎に責任者を決め、どのような準備をしたら学生たちに楽しんでもらえるのか、毎回試行錯誤して行っています。
 このセミナーを経験して、いつか共に医療に貢献してゆける人材が育つことをスタッフ一同願っています。
 

教育講演内容
2015年 「救う力」 
講師:福森 大介先生(デンマーク王立大学肝膵外科スタッフ)
2016年

「消化器外科の魅力」 
講師:長谷川 傑先生(福岡大学医学部 消化器外科教授)

2017年 「命を繋ぐ臓器移植 移植コーディネーターの役割」 
講師:野尻佳代(日本移植コーディネーター協会会長・東京大学医学部付属病院副看護師師長」
2018年 「センス・オブ・ワンダー(虫から病理学へ)
講師:加藤 良平先生(伊藤病院病理診断科長・(前)山梨大学医学部人体病理学講座教授)
2019年 「養老 孟司 座談会」
講師:養老 孟司先生(東京大学名誉教授)
 

img20190516102155797875.jpg img20191102133841001139.jpg img20191102133831979660.jpg img20190516102155941862.jpg img20190516102155978198.jpg img20190516102155626214.jpg img20190516102155881914.jpg img20190516102155985610.jpg img20190516102155785743.jpg img20190516102144524013.jpg img20190516102155922919.jpg  ※中央の写真をクリックすると次の写真が見れます

【ハーモニック・電気メス体験】

・実際に鶏肉の切り口を糸や針を使って縫ってみて、上手に縫うことができずとてもくやしかったです。またこのような体験ができるならリベンジしたいです。
・自分で体験できたからよかったです。
・超音波で物体が切れるなんてすごいと思いました。実際の手術で使われているものを体験できてとてもためになりました。
・電気メスで挟んで熱を加えたとき、キレイにお肉が切れて嬉しかったです。
・実際に鶏肉を切って手術感覚を味わえたのでよかったです。皮の所はちょっと切りにくく難しかったけどとても楽しかったです。
・実際に本物を使って肉を切るなどの体験をさせてもらって滅多に出来ることではないので楽しかったです。


【結紮・吻合体験】

・糸を結ぶのが難しかったけど慣れたら楽しかったです。
・針や器具の使い方がわかり、また糸の結び方が速くできるようになりました。
・結紮で結ぶのが上手いと言われたので嬉しかった。
・最初は糸で結んだり、機械を使ってするのは難しかったけど、優しく教えて
 下さったおかげで楽しく活動することが出来ました。
・お裁縫をしている感じでおもしろかった。
・手先が器用ではないので手間がかかりましたが楽しかったです。
・初めての体験で難しかったけれど、出来るととても楽しかった。
・先生方はなれていらっしゃってとても早く作業されていました。
・針の持ち方だったり、結び方だったりおもしろかった。
・細かな作業が多くて集中がきれると大変だなと思った。


【胃カメラ体験】

・最近、胃カメラを受けたことがあったので、実際に操作する側として体験できて非常に良かったなと思います。
・先端部分が上下左右に曲がっていて、とても感動した。


【エコー体験】

・本物の赤ちゃんが見れたのでよかった。印象に残った。
・思っていたよりはっきり見えておどろきました。


【腹腔鏡体験】

・物をつかむのも移動させるのも難しかった。感覚をつかむのが大変だった。
・妹がヘルニア手術で腹腔鏡使用した実感がわきました。
・使い方が難しくて扱うのに時間がかかったのですが、とても貴重な体験になりました。
・仕組みや操作方法をとてもわかりやすく説明してくださったので、楽しみながら多くのことを学ぶことができました。


【超音波メス体験】

・実際に見ても動いてないように見えて、でも水に入れると、ものすごい速さで動いているとわかってびっくりしました。執刀医さんと助手さんのコンビの良さでどんどん切れていくスピードが違うことにおどろきました。
・質問にとても丁寧に答えてもらえて、とても分かりやすかった。また、一つの小さな作業にもとてもたくさんの技術や資材が必要なことがよく分かった。
・実際に体験しているんだなぁという実感があり、とてもわかりやすかった。
・超音波メスの構造がとてもすごかった。
・手術台に向かったことが初めてで、ドラマで見るような器具を使うことができて、とても有意義な時間を過ごせてよかったです。


【その他】

・全部とても面白かった。一度もやったことがない貴重な体験でした。
・普段は触れたり見たりできないことが体験できたのでとても勉強になりました。特に超音波メスや結紮・吻合体験ははじめから気になっていたので、ドラマや実際の医療ではこんな風なのだと理解することができ、とても楽しかったです。
・医療の現場の本物の様子を感じることができるのはめったにないことなので、今後に生かしていきたいと思います。
・テレビやドラマでやっていることを身近に見れていい経験ができました。
 よりいっそう看護師になりたい思いが強くなりました。
・全てのブースにおいて医師、看護師の方々が親身に教えて下さったので、理解しやすく質問も、しやすかった。
・セミナーに参加してみて、看護師以外の職業に興味がわきました。
・医師の方だけでなく、理学療法士、診療放射線技師、臨床検査技師さんなどの様々な方たちのおかげで医療が成り立っていることを知り興味を持ちました。
・実際に今回様々な体験ができて、改めて医療は人の命を預かる素敵な職業だなと思いました。
・人間の医療に関わるか、動物の医療に関わるか迷っていたのですが、今回の体験で人の医療に携わりたいと思います。
・今日沢山のことを体験できて看護師だけでなく、いろいろな方法で人を救えて、笑顔にできるのだとわかりました。
・医療に対して、もっと難しくて、近よりがたいイメージを持っていたけれど、体験を通して医療現場をもっと明るくて医師の方々も、とても優しくて将来このような環境で働くことができたらいいと思った。

 
 

 

レントゲンカンファ(毎週月曜日)

 
診療部と放射線科が中心に放射線科室にて開催しています。
佐賀市内にいる読影医とお互いの顔を見ながら同一画像を閲覧できるテレビ会議システムを使用してカンファレンスを行っています。
読影医から診療部医師へ、画像検査に対し文章だけでは十分に伝わりきれなかった所見内容の詳細な説明を行ったり、診療部医師から読影医へ実際の手術所見を伝え、画像検査所見との照合も行っています。放射線技師も個々のスキルアップを目標に画像の見方の学習会として参加しています。


術前術後カンファレンス(毎週火曜日)

 
術前・術後の患者の状態・術式について医師からの説明が実施され、情報共有を全職種で実施しています。


退院支援カンファレンス(毎週水曜日)

 
4階病棟・地域包括ケア病棟に転入された患者様の状態・方向性について全職種及び他施設のケアマネジャー・訪問看護師と情報共有を行っています。また、退院予定の患者様についても情報共有を図っています。


新入院カンファレンス(毎週金曜日)

 
入院患者様について主治医から患者情報や今後の方向性を踏まえて説明が実施され全職種で情報共有を図流ようにしています。


心臓リハビリカンファレンス(第1・第3水曜日)

 
医師(心臓血管外科・循環器内科)、リハビリ、看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカー、心理士が集まり、対象となる患者様について話し合っています。内容としては各職種が意見を出し合い、患者様の退院までの目標と退院後の方向性を定めて、職種間での意思統一を図っています。


 医療安全委員会
 感染対策委員会

 
危険予測や個人情報の取り扱いなど、安全な医療を提供できるように職員全員に対して各部署、先生方から話を聞いています。最後にクイズを出題して皆が内容を理解できているかの確認も行っています。
この委員会は最低でも、年に2回受講できるように、お昼時間と夕方の時間と分けて毎月行うようにしています。


 WEB出張報告会

 
 
職員が出張先で、学んできた事を謙仁会グループ施設の皆に報告する会です。
ほぼ毎月1回行われています。


避難訓練(年2回)

 
 

毎年、昼間と夜勤想定で避難訓練を行っています。


看護部新人集合研修

 
  
  
  

 
当院では看護教育の1つとして看護科1年生を対象とした集合研修を毎年開催しています。趣旨は准看護師免許取得後1年目の到達目標の周知やプロとしてのマナー、夜勤業務での急変に対応するための挿管の介助、感染対策、吸引の手技などの技術を確認し患者様と職員自身の安全を守るという意味があります。
 さらに教育体系には2次救急病院としては必須のBLSやACLSプロバイダーといった資格の取得も積極的に行い質の担保ができる仕組みも構築しています。
 今後もさらに教育内容の充実を図り地域に貢献できる看護師の育成に努めて行きたいと考えています。