【特定行為研修制度の概要】

2025年に向けて、さらなる在宅医療等の推進を図っていくためには、個別に熟練した看護師のみでは足りず、医師又は歯科医師の判断を待たずに、手順書により、一定の診療の補助(例えば、脱水時の点滴(脱水の程度の判断と輸液による補正)など)を行う看護師を養成し、確保していく必要がある。このため、その行為を特定し、手順書によりそれを実施する場合の研修制度を創設し、その内容を標準化することにより、今後の在宅医療等を支えていく看護師を計画的に養成していくことが、本制度創設の目的です。平成27年10月1日より厚生労働省が指定研修機関として指定した施設での研修会が始まりました。
 


【特定行為とは】

特定行為は、診療の補助であって、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされるもので38行為あります。

 
【特定行為区分】

特定行為区分は、特定行為の区分であって21区分であります。

指定研修機関で選択できる特定行為
経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの位置の調整
侵襲的陽圧換気の設定の変更
非侵襲的陽圧換気の設定の変更
人工呼吸管理がなされている者に対する鎮静薬の投与量の調整
人工呼吸器からの離脱
気管カニューレの交換
一時的ペースメーカの操作及び管理
一時的ペースメーカリードの抜去 
経皮的心肺補助装置の操作及び管理 
大動脈内バルーンパンピングからの離脱を行うときの補助の頻度の調整 
心嚢ドレーンの抜去
低圧胸腔内持続吸引器の吸引圧の設定及びその変更 
胸腔ドレーンの抜去 
胃ろうカテーテル若しくは腸ろうカテーテル又は胃ろうボタンの交換
膀胱ろうカテーテルの交換
中心静脈カテーテルの抜去 
末梢留置型中心静脈注射用カテーテルの挿入 
褥瘡又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去
創傷に対する陰圧閉鎖療法
創部ドレーンの抜去
直接動脈穿刺法による採血 
橈骨動脈ラインの確保
急性血液浄化療法における血液透析器又は血液透析濾過器の操作及び管理
 持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整
脱水症状に対する輸液による補正
感染徴候がある者に対する薬剤の臨時の投与
インスリンの投与量の調整
硬膜外カテーテルによる鎮痛剤の投与及び投与量の調整
持続点滴中のカテコラミンの投与量の調整
持続点滴中のナトリウム、カリウム又はクロールの投与量の調整
持続点滴中の降圧剤の投与量の調整
持続点滴中の糖質輸液又は電解質輸液の投与量の調整
持続点滴中の利尿剤の投与量の調整
抗けいれん剤の臨時の投与
抗精神病薬の臨時の投与
抗不安薬の臨時の投与
抗癌剤その他の薬剤が血管外に漏出したときのステロイド薬の局所注射及び投与量の調整

※中心静脈栄養カテーテルの抜去については、当山元記念病院が指定研修機関になったので、自分の病院で働きながら研修を受講することができます。


手順書とは

手順書とは、医師又は歯科医師が看護師に診療の補助を行わせるために、その指示として作成する文書であって、「看護師に診療の補助を行わせる患者の病状の範囲」、「診療の補助の内容」等が定められているものです。
具体的に、手順書の記載事項としては、以下の事項となります。

 
●看護師に診療の補助を行わせる患者の病状の範囲
●診療の補助の内容
●当該手順書に係る特定行為の対象となる患者
●特定行為を行うときに確認すべき事項
●医療の安全を確保するために医師又は歯科医師との連絡が必要となった場合の連絡体制
●特定行為を行った後の医師又は歯科医師に対する報告の方法


特定行為研修とは

特定行為研修は、看護師が手順書により特定行為を行う場合に特に必要とされる実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能の向上を図るための研修であって、特定行為区分ごとに特定行為研修の基準に適合するものとなっています。

当院は、図にあるように昨年厚労省が指定した指定研修機関(昨年8月現在の九州の指定施設)として認可を受けe-ラーニング(315時間)をはじめ講義、演習、実習を全て山元記念病院において受講できるようになりました。現在佐賀県では鹿島の織田病院と当院の2ヶ所で研修が行われ当院で研修ができるという環境を充分に活用したいものです。ということでこの2月から当謙仁会グループでは全看護師が参加する特定行為マラソンをスタートしました。
修了者は厚労省が管理し国家試験に準ずるような制度でありますが、基本的には地域医療において看護の質の向上をもたらすものだと信じています。


●看護師特定行為研修受講時間 月間区間賞者