平成28年度 山元記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 3 20 34 37 52 83 227 231 421 170
平成28年度に当院を退院した患者様を対象としております。
高齢者の多い地域でもあり、70代以上の患者様が全体の約60%以上を占めています。当院では、高齢者に多い肺炎や心臓疾患、また骨折や脳血管疾患の急性期治療などにも対応していることから、以上のような内訳になっていると考えられます。
一方で、急性虫垂炎などの消化器疾患では小児の手術も行っており、幼児から高齢者まで、幅広い年齢層の患者様に対応させていただいております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 36.76 17.95 15.15 85.48
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 10.91 3.06 0.00 74.73
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 35.61 21.25 0.00 88.56
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 11.85 4.71 0.00 66.92
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 25.64 13.02 0.00 65.55
平成28年度に心臓血管外科で対応した患者様についてのDPC診断群分類の上位5つを示しております。
心不全で入院される方が圧倒的に多く、全体の約34%を占めています。
高齢者は様々な基礎疾患を持たれていることも多く、治療の長期化の原因の一つとなっていると考えられます。
このほかにも、誤嚥性肺炎や急性心筋梗塞、洞不全症候群などに対して、循環器内科や高度医療機関と連携し、多数対応を行っております。
当院は、急性期治療後に、リハビリテーションや在宅復帰に向けた支援を行う地域包括ケア病棟や療養病棟を有しており、平均在院日数にはこれらの病棟の在院日数も一部含まれております。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx99x30x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 21 2.95 10.87 0.00 64.43
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2なし 16 7.00 7.24 0.00 57.75
060040xx99x4xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 14 3.00 4.42 0.00 67.79
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 11.92 9.08 0.00 77.54
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 13.00 11.06 0.00 83.00
平成28年度に消化器外科で対応した患者様についてのDPC診断群分類の上位5つを示しております。
悪性腫瘍に関するものが全体の約66%(うち胃6%、結腸10%、直腸19%、胆嚢3%、肝臓16%、・膵臓3%、乳房9%)となっております。
自院で手術を行った患者様のほかに、他院で診断され、当院にて化学療法や対処療法などの治療の継続を希望される方にも、前医を連携を取りながら対応させて頂いております。
当院は、急性期治療後に、リハビリテーションや在宅復帰に向けた支援を行う地域包括ケア病棟や療養病棟を有しており、平均在院日数にはこれらの病棟の在院日数も一部含まれております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 20 51.45 20.57 5.00 79.95
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 15 17.07 15.97 80.00 87.07
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2なし - - 9.25 - -
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 - - 27.63 - -
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし - - 20.45 - -
平成28年度に整形外科で対応した患者様についてのDPC診断群分類の上位5つを示しております。
胸椎・腰椎の圧迫骨折や転倒事故による大腿骨の頚部骨折などが多い傾向にあり、必要に応じて地域包括ケア病棟や療養病棟にて入院を継続しながら、身体的・精神的な機能の維持・向上目的にてリハビリを重点的に行い、在宅復帰を目指しています。
また、他院で急性期治療を終えた方についても、地域包括ケア病棟にて積極的にリハビリ目的の入院の受け入れなどを行っております。
平均在院日数には、地域包括ケア病棟や療養病棟での在院日数も一部含まれております。
※患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 55.30 21.25 0.00 90.60
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - 12.43 - -
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし - - 5.50 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.24 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
平成28年度に内科で対応した患者様についてのDPC診断群分類の上位5つを示しています。
誤嚥性肺炎・尿路感染症ともに高齢者に多い疾患であり、全体の約23%を占めています。
その他の肺炎や糖尿病の患者様も多く、他の診療科でご入院されている患者様についても、必要に応じて内科的側面から共同で診察を行っております。
当院は急性期治療後にリハビリテーションや在宅復帰に向けた支援を行う地域包括ケア病棟や療養病棟を有しており、平均在院日数にはこれらの病棟の在院日数も一部含まれております。
※患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.54 - -
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 20.18 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 22.08 - -
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 11.83 - -
010060x0990401 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.33 - -
平成28年度に脳神経外科で対応した患者様についてのDPC診断群分類の上位5つを示しています。
脳梗塞については他科の医師と連携して治療を行うことも多く、他科にて入院中に脳血管疾患を発症した場合などにおいては、脳神経外科的側面から他科の医師と共同で診療を行っております。
また、当院は急性期治療後にリハビリテーションや在宅復帰に向けた支援を行う地域包括ケア病棟や療養病棟を有しており、他院で急性期治療を終えた方についても、地域包括ケア病棟にて積極的にリハビリ目的の入院の受け入れなどを行っております。
平均在院日数にはこれらの病棟の在院日数も一部含まれております。
※患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 5.89 3.06 10.53 67.58
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 22.50 11.38 11.11 83.28
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 14.00 4.71 0.00 77.50
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 32.64 17.95 9.09 80.73
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 13.02 - -
平成28年度に循環器内科で対応した患者様についてのDPC診断群分類の上位5つを示しています。
伊万里・有田地区における心疾患の急性期医療の中核病院として、心臓血管外科と連携しながら急性心筋梗塞や狭心症、洞不全症候群などを始めとする心疾患への緊急対応を積極的に行っております。
また、高次医療機関と連携し、心臓弁膜症などの手術後における心臓リハビリテーション目的の入院も積極的に行っております。
当院は急性期治療後にリハビリテーションや在宅復帰に向けた支援を行う地域包括ケア病棟や療養病棟を有しており、平均在院日数にはこれらの病棟の在院日数も一部含まれております。
※患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - 11 - 20 1 7
乳癌 - 11 - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、胃癌・大腸癌・乳癌に関しては検診や二次検診のために来院される方も多く、早期発見の理由の一つになっていると考えられます。
再発の中には、他院にて治療をされたあとの継続加療目的入院や、再発後の化学療法目的入院などが含まれます。大腸癌の再発ケースは、そのほとんどが化学療法目的入院となっております。肺癌については、他院で治療されたあとの継続加療、また、当院で発見したが、ご本人・ご家族のご意向により積極的な治療を望まず、対症療法目的で入院されるなどのケースがあります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 11.90 58.70
中等症 29 36.00 81.93
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
平成28年度に入院された肺炎患者の、入院時の重症度を年齢別に示したものです。
若年層に関しては比較的程度が軽いケースが多く、早期に退院される方も多い一方、高齢者は重症になりやすく入院も長期化する傾向があることがわかります。
脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 35 64.66 80.94 7.14
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
平成28年度に発症した脳梗塞の患者様の状況を示したデータです。
一過性脳虚血発作についてはほとんどの方が軽症であり、早期に退院される傾向にあります。脳梗塞の発症日から3日以内の入院の方については平均在院日数や転院率ともにほぼ前年度と横ばいですが、今年度については4日目以降の方については比較的穏やかな経過をたどる傾向がみられ、リハビリテーションと退院支援の強化により、平均在院日数の短縮へ繋がったと考えます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 12 3.92 11.50 0.00 66.58
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
平成28年度に心臓血管外科に入院された患者様の手術件数を示しております。
循環器内科と連携して、狭心症や心筋梗塞の治療に対して行う、経皮的冠動脈ステント留置術を最も多く行っています。

※患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 26 0.12 1.46 0.00 62.42
K6335 鼠径ヘルニア手術 16 0.75 10.56 0.00 71.81
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 16 3.56 7.38 0.00 61.75
K654 内視鏡的消化管止血術 10 0.10 22.40 10.00 72.00
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
平成28年度に消化器外科に入院された患者様の手術件数を示しております。
内視鏡的手術を中心に、腹腔鏡を用いた手術なども積極的に行っております。

※患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) - - - - -
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(肩,股,膝) - - - - -
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖,手,足) - - - - -
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術(鎖骨,膝蓋骨,手,足,指(手,足)その他) - - - - -
K067-21 関節鏡下関節鼠摘出手術(肩,股,膝) - - - - -
平成28年度より、非常勤医師の協力のもと、当院での手術を希望される方に対して手術を行っております。
主に、骨折や変形性膝関節症、手根管症候群などに対する手術などに対応しております。

※患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
消化器外科と連携しながら、内視鏡的手術を中心に、術前・術後の管理を行っております。

※患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
常勤医が1名であることから重篤な患者様への対応が難しく、比較的軽度の方を対象に手術を行っております。

※患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 13 3.62 21.38 15.38 82.46
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 12 4.08 7.50 0.00 79.17
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
平成28年度に循環器内科に入院された患者様の手術件数を示しております。
心臓血管外科と連携して、狭心症や心筋梗塞の治療に対して行う、経皮的冠動脈ステント留置術を最も多く行っています。

※患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
手術・処置などの合併症の詳細については、以下の通りです。
・透析シャントの狭窄に対する加療目的
・大腿骨転子部骨折の体内固定材の破損
※患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。
更新履歴