地域包括ケア病棟とは一般病棟(急性期)での病気やけがの治療は終了したものの、すぐにご自宅へ帰ったり、施設等へ入るには不安のある患者さまに、しばらくの間入院療養を継続しながら「在宅復帰に向けた準備を整える」ための病棟です。「在宅復帰支援計画書」を作成し、主治医をはじめ、看護師、リハビリスタッフや在宅復帰支援担当者(看護師または相談員)、管理栄養士、薬剤師等が協力し、患者さまやご家族の意向を確認しながら、在宅復帰に向けた相談・準備等を行います。